災害は忘れたころにやってくる。阪神・淡路大震災は、まさにそのことばをまざまざと思い出させました。

 戦後最大の自然災害は、1995年1月17日未明にそれまで地震とはまったく縁がないと思われていた阪神、淡路地区を襲ったのです。
また、災害は日頃最も対策が遅れた部分、弱い部分を集中的に襲ってくることも明らかになりました。

 早稲田大学の災害社会研究グループでは、阪神・淡路大震災以前から災害研究を続けており、災害の理論的研究に加え、東京や静岡を中心とした自主防災活動や防災まちづくり活動に関する調査研究、雲仙普賢岳噴火災害の中長期的な災害過程や阪神・淡路大震災の生活再建に向けての復旧・復興過程の調査研究等を続けてきました。
* 写真部をクリックすると、簡単な解説をつけた映像情報を次々に見ていくことが出来ます。

 このデータベースでは、そうした成果の一端と災害の社会学的研究の動向を紹介しています。市民の皆さんが、安全な社会づくりを目指したとりくみをするさいの手がかりにもなれば幸いです。

◆災害社会研究グループの著作権


このページに関するお問合せは tower@list.waseda.ac.jp