祝祭は共同体を支える宗教的エートスの源泉である。
今、ここに、生きているその恵みと喜び。
これを共有することが祝祭の本質をなす。
キリスト教の祭の内で今も古代ゲルマンの神々が跋扈する。
大地母神はマリア崇拝の中に息づき、多神教の世界は聖者崇拝の中に受け継がれている。
  
初めての方へ     参考文献一覧